有限会社川口納豆

乾燥納豆(粒)

「地域の食と農に貢献」「世界に納豆を普及し、

豊かな食生活を実現」を目指しております

免疫力のキーワードで話題の納豆ですが、特有のにおいとネバネバで、食わず嫌いが多いことも否めません。でも、フリーズドライ加工した納豆は、この二つの欠点を解消し、しかもサクサクした食感で、ナッツのように手でつまんでそのまま食べることができるうえ、サラダやピザ、パスタに混ぜたりトッピングしたりと、幅広いメニュー・用途に使えるメリットがあります。さらに好みの味付けをしてふりかけにするほか、幅広い食品に混ぜるなど関連商品の開発にも高いポテンシャルを秘めています。

中でも、創業70周年を迎えるこだわりの納豆メーカー・川口納豆では、地元・宮城県産大豆を原料にした「乾燥納豆」の「粒」「ひきわり」「粉」を発売し、賞味期限9か月のメリットを活かし、欧米諸国や香港、シンガポールなど、幅広い国々・地域に輸出量を拡大させています。

背景に、コロナ禍で健康志向が高まったことがあり、「海外からの引き合いが急激に増えた」と門傅英慈社長は話します。そこで「納豆が地球を救う」を合言葉に、国内だけでなく、海外普及にも尽力しています。まさに「いつでもどこでもドライ納豆」。某有名登山家も常に、同社製乾燥納豆をリュックに忍ばせ、世界中の名峰にチャレンジしていると言います。

こだわりのポイント!

ナッツのような食感 手でつまんでそのまま納豆を味わうことが出来ます

パスタに混ぜたり、サラダやピザ、ソフトクリームにトッピングしたり幅広くご利用ください

賞味期限9か月のメリット アウトドアにもお使いいただけます

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちら
https://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai17

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちらhttps://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai17
フッター波線背景