JAレーク滋賀

近江のもち麦

食物繊維をご飯と一緒に毎日手軽に摂取。

健康や免疫力向上をキーワードにリピーターが増えています。

現代人に不足しがちな食物繊維を、ご飯と一緒に毎日、手軽に摂取できるもち麦。中でも最近、お腹の調子を整える水溶性食物繊維「β-グルカン」を豊富に含む点での認知も広がってきました。とはいえ、市場に出回る商品は外国産原料が大部分の中にあって、JAレーク滋賀管内の生産者は約10年前、この生産に挑戦し、今では生産者や面積が拡大しています。

品種は、西日本を中心に栽培される「ダイシモチ」で、紫色の外観が大きな特徴です。この色味は、ポリフェノールの一種のアントシアニンで、同JAでは、可能な限りこの色を残すよう、専用精麦施設で精麦しています。

希少な国産もち麦で、しかも食物繊維プラスアルファの機能性成分も加わり、発売以後徐々にお客様を拡大してきました。コロナ禍の最近では、健康や免疫力向上をキーワードに、ファン層が広がり、リピーターが増えています。販売チャネルは、生協や同JA直営の農産物直売所などですが、最近は大手ネット通販の売り上げが伸びています。

とはいえ、国産もち麦がまだ少ない中、この認知向上と、需要の裾野拡大に貢献する加工食品の開発が課題でもあります。そこで同JAでは、「もち麦茶」を商品化し、あっさりとした香ばしい風味で好評を得ています。商品は、450g入り 税込小売価格486円。1㎏入り 同1,080円となっています。

こだわりのポイント!

お米に混ぜて炊くだけで簡単もち麦ごはん

豊富な食物繊維。中でも水溶性食物繊維(β-グルカン)が腸内環境を整え、免疫力をアップします

紫色の外皮に含まれるポリフェノール(アントシアニン)を残すように専用施設で精麦しています

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちら
https://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai08

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちらhttps://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai08
フッター波線背景