JA岩手ふるさと

ふるさとごはん

粒ぞろいが良く 炊き上がりの光沢とふっくらとした食感が

ご自宅・外出先で手軽にお楽しみ頂けます

JA岩手ふるさとは、コメ離れが進む中、高齢者や単身者にも「もっと手軽においしくご飯を食べてもらいたい」という思いから、巣ごもり需要で人気のパックご飯の商品開発に取り組み、管内で獲れた「ふるさと米」のひとめぼれを100%原料に使った「ふるさとごはん」を一昨年12月に新発売しました。

このひとめぼれは、日本穀物検定協会が実施する「米食味ランキング」で、最高ランクの「特A」を23回も獲得し、大粒で粒が揃って粘りや甘みにも優れる、全国有数の良食味米です。しかも収穫後、熱風乾燥ではなく、常温でじっくりとお米に優しい方法で乾燥しています。

そのお米を、炊飯器で炊いた直後のように光沢があってふっくらした食感を有し、噛めば噛むほど口の中に甘みが広がるよう、炊飯方法も試行錯誤を繰り返したといいます。

商品は、常温で6か月の保存が可能で、レンジアップだけでなく熱湯での加熱も可能なため、災害時の非常食としても活用できるメリットもあります。希望小売価格(税込み)3個486円。

こだわりのポイント!

「岩手ふるさと米」のひとめぼれを100%原料に使用

収穫後、熱風乾燥ではなく常温でじっくりとお米に優しい「ダグ乾燥」をしています

常温で6か月の保存可能 災害時の非常食としても活用できます

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちら
https://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai16

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちらhttps://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai16
フッター波線背景