JA全農ひろしま

ひろしま米粉バウムクーヘン

このバウムクーヘンを通じて広島から日本産のたべものに、

そしてにっぽんに、エールを送ります

JA全農ひろしまの「ひろしま米粉バウムクーヘン」は、広島県産の米粉と卵を使った、人にも環境にも優しいバウムクーヘンです。広島の耕畜連携「3-R」と、全農の「ニッポンエール」初のダブルブランド商品として誕生しました。小麦粉を一切使用していないため、グルテンの摂取を控えたい人も気軽に食べることができます。

「3-R」とは、畜産業で生まれた堆肥を、農産物や肥料用作物を栽培するための肥料として再利用する資源循環型農業から生まれた農産物のブランドマークで、原料米の「せらにしあきさかり」もこの「3-R」ブランドです。

玉子も飼料に自県産飼料米を使った「広島こめたまご」を使用し、黄卵でできた生地と卵白でできたメレンゲを最後に合わせる別立て製法を用いて、ふんわり軽い食感と卵のほのかな香りが特徴です。

商品は、カットした個包装タイプとこの3個セット、ホールタイプを用意し、全農ひろしま直営の農畜産物直売所「とれたて元気市広島店」をはじめ、県内産直市の一部や「JAタウン」などで販売しています。

ニッポンエールは、「日本全国47都道府県から届けられる日本産のたべものに、そしてにっぽんに、ここからエールをおくろう。」をコンセプトに誕生しただけに、このバウムクーヘンを通じて広島から、日本産のたべものに、そしてにっぽんに、3-Rも一緒にエールをおくります(個包装30グラム。税込み小売価格180円。3個入り同520円。ホールタイプ240グラム、同1,050円)。

こだわりのポイント!

広島の耕畜連携「3-R」と、全農の「ニッポンエール」初のダブルブランド商品として誕生

広島県産「せらにしあきさかり」の米粉と「広島こめたまご」を使った、人にも環境にも優しいバウムクーヘン

生地とメレンゲを最後に合わせる別立て製法を用いて、ふんわり軽い食感と卵のほのかな香

米粉を100%使用しているので、グルテンの摂取を控えたいという方にもおすすめ

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちら
https://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai05

※日本食糧新聞にて取り上げられた記事より抜粋

掲載記事はこちらhttps://news.nissyoku.co.jp/tie-up-free-page/ja-shoudankai05
フッター波線背景