出展者紹介動画

北海道・東北

ホクレン

「ホクレンは、北海道の生産者の営農活動を支え、消費者へ食の安定供給を行うことで、人にやさしい、人においしい「食」をつくります。
JA商談会では、北海道産のお肉や卵、北海道産農畜産物を使用した加工品などをご紹介します。」

北海道・東北

JA全農山形/山形肉牛協会

みんなが「おいしい」と笑顔になる豚、みんなに愛される豚。それが、庄内グリーンポーク“ぶーみん”です。
“ぶーみん”は、登録農場で品種や飼料にこだわり、山形県庄内地方の豊かな自然の中で育まれました。

北海道・東北

アグリ・コア株式会社(自社農園ゆぬきファーム)

当社の「葉わさび」は、わさびの辛味、旨味成分が非常に多く、「きわだつ辛さ」の後の「旨味」が特長です。その根っこは「本わさび」として収穫でき、これまでのわさびの常識を覆すほどの洗練された辛味を有し、やみつきになること間違いなしです。

関東・甲信越

群馬県食肉品質向上対策協議会

上州和牛のふるさと群馬県は、利根川水系の豊富な水資源と上毛三山に囲まれた畜産が盛んな地域です。
この自然ときめ細やかな飼育管理、対米・対EU牛肉輸出認定施設の㈱群馬県食肉卸売市場で処理しており、米国のHACCPシステムを導入して食肉の国際的な衛生管理に守られた安全性の高い、上質で美味しい牛肉となっております。

東海・北陸

JA全農岐阜/岐阜アグリフーズ

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。
山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品。

東海・北陸

株式会社デアルケ

自社生産の高糖度トマトのみを使った贅沢なトマトジュース

近畿

こと京野菜株式会社

特徴ある「こと九条ねぎ」の出来上がりまでをお伝えいたします。
初夏秋冬で構成され、本編は冬の取組をご紹介しております。

中国・四国

瀬戸内かきがらアグリ推進協議会(JA全農おかやま)

瀬戸内海の牡蠣殻を土壌改良剤として使用し栽培したお米を「里海米」といいます。
牡蠣殻は、1個あたり、1日約300リットルの海水を浄化していると言われています。牡蠣殻肥料を施肥した田んぼの土中から、栄養分が川を伝って海に戻り、その海でまた牡蠣が育っています。
わたしたちは“里海”である瀬戸内海で育てられた牡蠣の殻=かきがらを有効利用する循環環境保全型事業「瀬戸内かきがらアグリ」に挑戦しています。

中国・四国

JA全農ひろしま

「3-R(さんあーる)」は資源循環型農業からできた農畜産物の証。
耕種農家と畜産農家が連携することにより、持続可能な農業を実現し、
地域の自然環境を守ることにつなげていきます。

令和元年8月31日に立ち上がった「3-R」は、
取り組みに賛同する生産者、加工食品などの商品ラインナップも拡大してまいりました。
動画の後半部には、「第16回JAグループ国産農畜産物商談会」出品商品のイメージをつけておりますので、ぜひご覧くださいませ。

九州・沖縄

株式会社早和果樹園

有田みかんの大産地において「おいしいみかん栽培」と「おいしいみかん加工品」の製造にこだわり、“生産者ならでは”の意識を大切にしながら、生産・加工・販売の各産業を充実させた「有田みかんの6次産業」に取り組む企業です。

JA主催団体グループ

全国農協食品㈱

「日本全国47都道府県から届けられる日本産のたべものに、そしてにっぽんにここからエールをおくろう。」をコンセプトに全農から誕生したブランドです。

JA主催団体グループ

全農チキンフーズ㈱

宮崎くみあいチキンフーズ㈱、鹿児島くみあいチキンフーズ㈱、住田フーズ㈱、㈱アサヒブロイラー を含めた「全農チキンフーズグループ」を結成して、食鳥の生産から処理加工、販売まで一貫して手がけるグループ事業体制を確立致しました。
※動画内表記はございませんが、2020年4月より㈱アサヒブロイラーをグループ会社化しております。

生産・加工・販売が一体となった開発力が強みであり、様々なニーズに応えた商品を多く市場に送り出しています。
ぜひ一度、弊社の展示ブースまでお越し下さい。

JA主催団体グループ

協同乳業株式会社(JA全農 酪農部)

農協牛乳シリーズは、当社で販売している農協牛乳をはじめ、農協ヨーグルトと農協珈琲など「素材」のこだわり・「製法・技術」のこだわり・「生産者・JAとのつながり」のこだわりをもった商品です。今回は、農協牛乳と農協ヨーグルトをご紹介をします。

全農グループMD部会で開発検討中のパウチゼリー、各種ゼリー商品について、バイヤーの皆様のご意見を伺いながら商品開発を進めていきたいと考えております。会場ではパートナーとなっていただける皆様のご意見を是非お聴かせください!今回は共同開発者のJAえひめ中央の工場で製造しているNBゼリー商品を中心に出品しています。

JA主催団体グループ

JA全農 全農グループMD部会

全農グループMD部会で開発検討中のパウチゼリー、各種ゼリー商品について、バイヤーの皆様のご意見を伺いながら商品開発を進めていきたいと考えております。会場ではパートナーとなっていただける皆様のご意見を是非お聴かせください!今回は共同開発者のJAえひめ中央の工場で製造しているNBゼリー商品を中心に出品しています。

JA主催団体グループ

JA全農青果センター㈱

当社は、食生活の変遷や青果物生産・流通の構造的変化に敏感に対応するため、40年の歴史をもつ全農園芸直販事業の移管を受け事業を開始しました。事業の一つとして、多様化するニーズに応え、国産野菜を使った簡便調理商品の開発に取り組んでおります。
私たちは、消費価値を高めるために産地と共に知恵を絞った商品をご提案します。

JA主催団体グループ

(一社)AgVenture Lab

AgVenture LabはJAグループ全国組織8団体で立ち上げたイノベーションラボです。 JAグループが持つ総合事業を活かしながら、「食」、「農」、「くらし」に関わるスタートアップ企業を支援し、課題解決に取り組んでいます。

JA主催団体グループ

全農パールライス㈱

JAグループの広域米穀卸のメリットを生かし、国産米を迅速で確かなサービスでお客様が必要とされる商品を安定的にお届けします。 私たち全農パールライスは今年創立50周年を迎えます。 この50年日本と世界を取り巻く農業や食文化の変化に対応しながら、「おいしいごはんをみんなのもとに」この想いをひと粒ひと粒に込めてきました。これからも私たちは精米「パールライス」のゆるぎないおいしさと信頼を約束し、国産米の可能性を広げ、日本の食文化のかがやく未来に貢献していきます。

JA主催団体グループ

JA全農たまご㈱

当社は、JA全農グループ事業の中で、国産鶏卵とその関連品目の販売に高度に特化した販売会社です。 液卵工場や温泉たまご工場、さらに加工品の会社も子会社として持っており、 パック卵だけではない、幅広い商品を取り扱っている会社で、トップシェアを誇っております。

JA主催団体グループ

JA全農ミートフーズ

私たちJA全農ミートフーズ株式会社は、全国農業協同組合連合会の100%出資会社として、国産食肉の付加価値の向上に取り組み、国内畜産農家の経営の維持発展に貢献することを使命とする会社です。皆様のお役立ちになる商品を考え、ご用意いたしましたので、ご紹介させていただきます。

フッター波線背景